親指の爪の長さ

ギター技術分析、ギター論
06 /28 2012
ふと疑問に思った。 DVDを紹介したサイモン・ディニガンにしろガブリエル・ビアンコ、ジュディカル・ペロワにしろなぜみな共通して親指の爪がやたら長いのだろうか? 何か意味合いがあるのだろうか。彼らのレベルになれば無精で伸ばすなんてことはないだろう。


…僕の推測だとそれは彼らのimaの弦に対する角度と関連してるのではないかと思う。彼らは共通してimaが弦に対して垂直または右側に寝る感じで入っているように見える。この角度から考えるにP指を長くするのは必然なのではないか? P指を短くするとどうしてもima指を体寄り、左側に寝かせなくてはならない。弦に入る角度を一定にし楽に弾くための手段なのかもしれない。彼らの親指の動きは小刻みで小さい。より楽に親指を使えているのがわかる。

スポンサーサイト

サイモン・ディ二ガン

クラシックギター
06 /28 2012
先生から以前いただいたSimon DinniganのDVDを久しぶりに見た。バッハは美しく、タレガのアルハンブラは流れるようなトレモロ、音色は澄んでて美しい。
このDVDの最後に流れる2重奏曲が美しい。The Valley サイモン自身の作曲だ。 せつないなかに明るい希望をイメージさせるような美しい旋律だ。譜面は出てないのか、探したけどなかったです。 この曲を聴くとほんとに心が休まります。

俺的にはほんとはウッシーと2人でやりたい曲なんだけどな。

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ