サービスとは

感じたこと、日常
07 /23 2012
ブログランキングがなぜかわからないんですが100位以下だったのが今日は58位と急上昇していてみなさんが自分のブログを読んでくれているというのがわかって嬉しくなりました。

ありがとう(^^♪

きっとサモラの記事を書いているからかもしれませんね!


関係ないけど今日は最近感じていることを書いてみます。


人というのは複雑だなと思います。
心の動物だと思います。
心というのは表情や行動にしっかりと表れる・・・不思議です。
人のために、喜んでくれるから 何かをする 
甘い考えかと思われるかもしれないけどそういった精神が大切だと僕は思ってます。

 何かをするためにはお金が伴います。
買い物をすればお金がかかります。
サービスの対価としてお金を払うわけです。
ですが単純にサービスを提供すればいいというものではありません。
心が伴ってはじめてサービスなはずです。
心あるもてなしをしなくてはいけないと思うのです。
誰かに対する敬意やねぎらいの気持ちであったり、そういうのが表れてこそ本当のサービスだと僕は思います。
大切なのは笑顔や気づかいなはずです。よかったなってニコニコになって帰ってもらうべきです。
たとえばお客さんの質問に対して、たとえ知識がないとしても誠意をもった対応をする、これは基本中の基本だと思うのです。 私達のお店を使ってくれてありがとうってその行動をお客さんになんで示せないのですか?

 心の話に少し戻しましょう。失礼な態度を取る店員さんがいたとしましょう。あなたはこれから僕が言うような優しい態度を示せますか?僕にはこんな神様みたいな態度できませんが・・・
「店員さんは疲れているのだからかわいそうだお気の毒に」
「どこかお体でも悪いのか,病気なのか」
「何か過去や現在に辛い出来事でもあって笑顔になれないのかもしれないお気の毒な方なのでろう」
「不景気で経営が苦しいのだろう」・・・etc  
ようはかわいそうだなっと思ってあげるわけです。そうしてあきらめて許してあげるということです。神様みたいな対応です。

 こういうことを感じたのは先日とある(夫婦で個人経営の)カフェでの対応が悪かったからです。 残念だしそういうのは悲しくなりますよね! サービスの質が悪くなればお客さんが離れていくというのは明白です。ましてやこの厳しい時代。(値上げなどによって)お金を優先するのはわからないでもないけど、(その瞬間はお金は入ってくるけど)長期的にみたらお客さんが戻ってこなくなってしまうはずです。お客さんの心が離れるというのはもっとも恐ろしいことです。そうすればどうなりますか?? 
そういうことに気づけない彼らはかわいそうな人達だなーっと思ってしまいました。哀れです。半面教師ですね。   

 僕は人の気持ちを考える人間なので優しい対応を心がけてますからご安心を。ただ技術を教えるのではなく心の面も重視していきたいと強く思います。いろんな人のいろんな事情を理解してあげたい!

スポンサーサイト

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ