ギターレストを考える

ギター技術分析、ギター論
09 /16 2012
 足台を使わないと腰とかがやっぱり楽です。クラシックギターの演奏では姿勢がすごく大切ですよね。
研究を重ねて自分にとってベストな姿勢というのを探していくんですよね。
僕の場合はだんぜんギターレストを使用したほうが楽なんでそうしてます。いままでいろいろと使ってきたのですが結局オーストラリアの手工の木製ギターレストに落ちついてます。
 ギターレストは種類もいろいろあるので各自に合ったものをチョイスしてほしいですね。
ギターレストを使うときに考えることは足台を使ったときの理想的な姿勢と同じようになるようにすることです。
①角度の調節(角度がきつすぎると左手への負担が大きくなる)
②高さ(高すぎると左手は自然に下がりハイポジが楽になるが、固定という面で不安定になりがち)
③貼りつけ方(ネックが前に出るようにするためにはどうする?楽器との一体感を感じる貼り方は?)

足台を使っていたときとほとんど同じ姿勢にするためにはどうしたらよいか研究してみてほしいです。

意外に気づかないのが③貼りつけ方で、僕の場合は写真1の貼り付け方にし右足には滑り止めを使用します。こうすると自然とネックが前に出て右手の角度が弾きやすい角度になると分析してます。あくまで自分の場合です。ギターレストの種類によっても変わってくると思われます。
足台使用時の写真4みたいな感じになる感じで。写真5は自分がギターを構えてる様子です。こんな感じでどうでしょうか?

写真1
TS3A0692.jpg

写真2 まっすぐくっつけた場合
TS3A0693.jpg

写真3 1の逆パターン 
TS3A0694.jpg

写真4
SCAN0035.jpg

写真5
fumiaki guitar 姿勢

腰は楽にはなるけど左手がきつくなったり、演奏中にはずれるとかギターレストもいろいろと深いです。使ってみて気付くこともいろいろと多いです。
ギターレストを使った姿勢というのももっと考察の余地があると自分は考えます。姿勢ひとつでいっきに変わることってあるのですから。 
スポンサーサイト

非公開発表会終了

クラシックギター
09 /16 2012
皆様ご無沙汰しています。 今日無事に発表会を終えました。終わるまでの準備期間はいろいろありました。思い通りにいかなくてイライラしたり落ちこんだり…演奏会後は打ち上げがありもう日付が変わり深夜3時です。今日もめっちゃめっちゃ楽しい打ち上げでした。中峰先生ご夫妻、相棒であり親友のウッシー、菊池くん、加藤さん、石川さん…とほんとに楽しい時間でした。5時から飲み始めたのにこんな時間です。今回は10月20日 ジョイントリサイタルのリハーサルを兼ねた演奏会だったのでみなさんには宣伝してませんでしたm(__)m 気合い入れて頑張ってます。なので10月20日はたくさんの方々にぜひご来場いただけたらと思います。僕なんですがほんとーに練習で余裕がなくってブログ更新できませんでした(>_<) 今日の演奏は自分なりに練習の成果を出すことができたのでまずはよかったかなって思います。課題もまた見えたし一生懸命精進します。 今回は次の6曲を1人で演奏したので以前にステージにのせたことがある曲目を含むとしてもけっこう準備が大変でした。 精神的にも…
ファンダンギーリョ
アランブラの想い出
ドビュッシー讃歌
歌と踊り第1番
無伴奏チェロ組曲よりプレリュード
アッシャーワルツ

てな感じでした。
大変だなという半面演奏するのは喜びですから演奏している時間は幸せでした。 やっぱ俺ギター大好きだよ。練習辛かったぶん喜びもでかいですね。 練習しながら悩んだりして苦痛以外の何ものでもなくなる瞬間というのがたまにあって演奏会で演奏している瞬間とのそのギャップといったらすごい。でも練習してきてよかったなて思えました。演奏してる瞬間は幸せです。内容は高みを見れば上があってきりはないけど今日は今日で俺楽しめたしほんとにハッピーだったから。
愛器のスモールマンほんとによくなってくれてました。

また他の門下生の方々の演奏にも刺激を受けることができました。 中峰師匠のソロ、中峰師匠&菊池くんの最強2重奏も興奮したし感動しました。

もっともっともっとギターを自由自在に操れるようになり、心のなかから出てくる表現を多彩で色鮮やかなものにしたい。
さらに精進します。

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ