癒し効果

感じたこと、日常
01 /29 2013
クラシックギターの甘くて深い人間味あふれる音色は
人の心を癒す。
ふと精神が疲れたとき弾いていたら元気がでてきた。
自分で弾いていると体の中の、心の中の嫌な物質がどんどん浄化されていくのに気づいた。

クラシックギターはそういう効果のある楽器なんです。
どんどん進んでいく複雑な、いまという時代のなか
古典的な楽器、クラシックギターは人の心を癒すのだ。

自分で自分を浄化できるようになったらどんなにいいでしょう。
ぜひもっとたくさんの方々に良さを知ってもらいたいし、始めてめらいたいと
願うばかりです。


スポンサーサイト

教えていて感じること

レッスン
01 /15 2013
今日は大雪のなか与野本町まで教えにいってきました。
新大久保は与野よりも風が強くって歩くの大変でした。
与野もけっこう積もってましたねー。
歩くの大変でした。

でも電車なかなか動かなかったからそちらはもっと大変でした。

だんだんといまの生徒さんを教えるのにも慣れてきたと手ごたえを感じています。
やる気を出してくれるツボというのが人によって違くてそのツボがわかったみたいです。

まえも書いたし、当たり前のことだけどまずは好きになってもらうことが大切だと思います。

最近、ニュースで大騒ぎですね、体罰、あんなの問題外です。
嫌々やってるのを強制的に暴力(言葉の暴力も含む)をもって教えたら長い目でみたらやらなくなってしまうのは目に見えてます。

うまくなるには辛抱や我慢も当然必要です、だけど上手になりたいから頑張るのであって、無理やりやることじゃない。
何にでも言えるけどモチベーションって大切。

人間は心の動物ですからね。

さて、教えてる高校生の男の子、なかなかヤル気のスウィッチを入れるのに手を焼いてきたのですが
教えるこっちがテンションあげて、ほめたり、教え方のバリエーションを増やしていくことで楽しそうにレッスンを受けてくれてます。
嬉しいですね。
今日はようやくギターコードを3つほど覚えてそれを実際に曲のなかでジャーンと鳴らしてもらったりしました。
クラシックギターのアルペジオ、imのスケールから一度離れてやらせてみたところ
楽しそうにやってました。
あきらめっぽい子なので、最初は「そんなの僕、指が痛くなってできないよ」って言ってたのが嘘のよう
曲と合わせたらどんどん積極的になってやってくれました。

今日は収穫があったと思います。
これで俺がいないときも自分から進んでどんどん楽しんで練習してくれたら最高ですね。

ギターが彼にとって楽しめる一つの趣味になってくれたらとても嬉しいです。

親しみのあるギターの音が

感じたこと、日常
01 /03 2013
朝、布団のなかでギターの音が聞こえてきた。
夢かなと思ったら夢じゃない。
しかもこの音は師匠の音じゃないか。

一階でうちの親父が俺の一番のお気に入りの「中峰秀雄 バリオホールライブ」のCDを流していたのだった!!

夜が遅かったから眠くてしかたなかったけど音がなんとも心地よい。
何度も言うけど師匠だからといってこういうこと書いて、媚を売ってるのでもアゲアゲしてるのでもない。
確かに中峰秀雄が師匠であり僕がファンでもあることは否定しない。
純粋に寝ぼけた状態であっても気持ちが落ちつく音なのだ。
ふつうなら気持ちよく寝てたらうるさいと思うのがほとんどだ。

そしてCDはアンコールの郷愁のミロンガにさしかかった。
先生の曲目説明の声が聞こえてきた。そういや先生元気かな〜なんて考えながら…

布団で寝ぼけながらうわーマジでなんつー図太くて深い音色なんだと思ってた。

そして目が覚めて朝が始まった。

なんという寝てる人の起こし方だろう、、、
新年は生活が乱れがちになるので朝、タイマーでもつけて
バリオホールライブのCDでも流すなんてどうだろうか?
活力がみなぎってきて朝から燃えるようにギターの練習に没頭できるかも!?

燃えるようなギターライフを今年は送りたいと思っています!!
ギターを弾ける喜びを感じ、かみしめながら、精進してまいります!

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ