ステージ

クラシックギター
05 /03 2013
 ステージは弾く前は怖かったりするけどなんかはまります。
今日は新宿角筈ホールにてゲスト出演してきました。
演奏前、ステージで失敗するんじゃないかって不安が全く頭をよぎらないかといったら嘘になります。
ステージ上では強気な自分を演じてるわけです。
楽屋ではそわそわしまくりでした。完全に挙動不信でした。

これはどういうことかといえば誰でも怖いのです。

ただそのスリルが癖になります。
ジェットコースターに乗る感じとは違うかもしれないけどまあ、わかりやすく言えばそんな感じですかね!?

ステージに立つ人全員に、その立っている瞬間、いろいろなドラマがあります。

ステージに立たないとそのドラマを見ることはできない。

幸せな結末になることも悲しい結末になることもある。
そして毎回ストーリーが違います。


僕はいろいろなドラマを見たい。立てば見ることができる。
そしてドラマにおける主人公であり脚本家になれるのです。


だからステージが好きなんじゃないかな!?





スポンサーサイト

嬉しかったです

感じたこと、日常
05 /03 2013
こんばんわ!!みなさまお疲れさまです。
この時間、どんなに頑張ってもこんな時間の更新となってしまいました。
ただいま深夜2時を過ぎております。
更新を待ってくれてる優しい方々と
家族全員が寝るのを待っている優しい我が家のネコ、ミルです。
チャリチャリと鈴の音が聞こえ彼もようやく就寝の時間です。
残念ながら僕の布団では寝ませんが。


さて、今日はギター制作家の本間先生のところへ調整に行ってまいりました。
ほんとにいろいろお話できて楽しい時間でした。
僕の8弦ギターの弦高調節は超完璧で、やはり匠は違いますね。
これで明日の本番、自信をもってステージにたてますね。
新宿角筈ホール、チェロ時代から使わせてもらっているホールで思い出深く、響きも大好きです。

今日、本間先生からいただいたお言葉が心に染みました。
嬉しかったです。
特に先日のウッシーとのブルガル2重奏の演奏に関してで、

「お世辞ぬきにして名コンビ、名演奏だ、感動した」
と評していただけたことです。

ギターの超プロフェッショナルにそんなお言葉をいただけたのですから
大変光栄なことで、とても嬉しくなりました。
あの名工本間先生からです、嬉しすぎます。
頑張ることをウッシーと誓いました、言葉ではなくて、目で。


相変わらず奥様の手料理がすーごっく美味しくて僕らも感動でした。

今日はギターが喜んでるのがわかり興奮してしぱらく弾いてましたね。

お会いできるお客様はまた明日!!

そうじゃない方もではまた〜!!

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ