勝負に挑まない悔しさ

感じたこと、日常
05 /13 2013
舞台に立たないと、戦いに挑まなければ、挑もうとしなければただ誰もいないところで叫んでいるだけになる。
そんなのはくやしすぎる。
どんな結果であっても男なら
勝負に挑まないとだめなんだと思う。
義務感とかじゃない。

世の中に知ってもらうためだ。

言うのは簡単、実行するのは大変、茨の道。

勝負に挑まずして、悔しい思いをするぐらいならやれよ!

悔しいよ。
挑んで負けたときより悔しいよ。

甘いんだよ考えが全てにおいて。
やれよ、何でやらねーんだ、いましかねーだろ。
いつやるんだよ!!
このままではただのおっさんになっちまう。

結果とかじゃなくて
本気で向き合って戦ってる生き様を見せろよ。
弱気になんじゃない!誇りもて。

そして俺が1番にならなきゃ意味がないんだ。
不器用で飲みこみも悪くてエリートコースとは違うけど
必ず個性の強いギタリストとして花開いてみせる。

スポンサーサイト

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ