少し楽に、いい意味で不真面目になろう

未分類
09 /03 2014
こういう思考パターンはいけません。

ああ弾けない→何やってんだ、こんなんじゃ情けない、恥だ。
ああ練習辛い、しんどい→何考えてんだ馬鹿野郎、練習できないならギターやめろ!
こういう思考は逆に自分を追いこみ練習量が減ります。

ダメなことを責めることは全てにおいて悪循環をもたらす。僕の悪い癖です。
人には絶対怒りませんので悪しからず。自分に対しての話です。

できなかった、弾けなかった→ここが弾けなかったんだよ 笑 のように弾けないところがあるのが嬉しくて、そこができるようになったら楽しいんだろうなって想像して楽しんじゃえれば変わってくるのだと思う。「何で弾けんのじゃ、アホ」と自分をいじめるのはダメ。椅子を蹴っちゃダメですよ。大切な仲間ですから。

弾けなくても継続していけば、長い目で見てけば弾けるようになるんだって少し楽観的になれば練習量が増えよい循環にのってくんじゃないかなと思う。
今日の練習は楽しめなかった、苦行でした。
だから明日は楽しんで、弾けない箇所があっても絶望的になるんじゃなくて、ゆっくり丁寧に練習してればいつかできるようになるぐらいの楽観的な気持ちでいきたい。 必ず俺はうまくなるんだよ。
スポンサーサイト

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ