今日の話 いろいろ

未分類
02 /23 2015
久々にカプリッチョアラべに取り組んでみました。あらためて美しい名曲です。
いまやっているロドリーゴの祈祷と踊りが非常に難曲ゆえに、難易度をそれほど感じなかったです。
弾きこめばいい感じになりそうな予感がします。技術的に余裕があれば表現を突き詰めることができるので。ある程度スムーズに弾けるようになってみたらいろいろやってみようかと思います。
ついでにグランソロなんかも久々に弾きました。 この曲は気持ちがハイテンションになってよいですね。勢いでガンガン弾きまくってた時を思い出しました。
そうですね2009年のジョイント(カバティーナ、プレリュードとトッカータ、ミュゲッツとフッコを演奏)の後すぐの発表会、池袋の豊島区民センターで演奏したとき。録音聴くと粗はあるけど、解放的ではっちゃけていて自分は好きです。随分まえになってしまいました。 師匠もブログで書いてましたが、まさに光陰矢の如しですね。

と過去のことを書いてみましたが、決して後ろ向きではなく現在、私は進化の過程にあります。
ただ忘れてはいけない、あのときの粗はあるけど野性的な勢いあるスピリット。

あと、今日は2009年製ビクトル・ヒメネス6弦を使ってみたのですが、これはこれにしかない魅力ある甘美な音色だとあらためて思いました。カプリッチョアラべのあの一番聴かせどころのとこ、とかぴったしの音質だと思いました。とろーんと人の心を奪う、素晴らしい!

今日はいろんなこと書きまくってまとまらない感じでしたが思うままに今日は書いてみました!
スポンサーサイト

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ