CD STUDENTからの卒業

音楽理論
01 /31 2017
愛好家によく見受けられるのがCDやレコードの演奏のそのままコピーです。何を隠そう私も専門教育を受ける前はその部類でした。
イントロダクションとしてはいいと思います。好きになって、真似て覚える。それをモチベーションにする。何度も聞いて研究する。良いと思います。

ではCDのコピー、いわゆる有名演奏家のコピー、(巨匠ラッセルが言ってました)CD STUDENTから卒業して、自分なりに曲を解釈して、理解して音楽をやるためにはどうしたらいいのでしょうか?

いわゆる西洋音楽の基本、礎になっている部分、例えて言えば建物でいったら土台になっている部分を理解することです。
となると広義の意味での音楽理論(西洋音楽の“一応の”ルール)を学ぶことが急がば回れ、で良いということになると私は考えます。
そうすることで他の演奏家の演奏を聴くにしてもその聴き方が変わるでしょう。また次第に自分の音楽ができるようにもなります。

リズム、メロディー、ハーモニーの3要素を本当の意味で理解して実践できるようにするのが理想です。
調性、拍子などベーシックな部分をちゃんと理解すること。
その拍子にあったように聞こえるように歌えるようにする。4拍子系?2拍子系?3拍子系? その拍子で強拍、弱拍はどこにあるのか? アウフタクトとは何か?などなど。
それをわかった上でプロは皆 リズムを揺らしたり、自己の解釈を加えた演奏をしているのです。

そこに演奏技術・強靭なメンタルが加われば一段上のレベルにいけるはずです。
スポンサーサイト

草むしり

感じたこと、日常
01 /29 2017
音楽の話題ばかりだと疲れると思われるので、今日の出来事でも。
庭の草むしりをやってました! まだ完璧じゃないですが少しすっきり。 外の老夫婦に怪訝そうな顔で見られました。
ギター弾きも草むしりはするのです!

野球少年達が鬼ごっこをしていて微笑ましかったです。練習あがり?に元気だなぁと感心。
そういう僕も昔 野球部でした。

チラシボックスのギターフェスティバル2017のチラシも犬の散歩の時間帯ぐらいに気づくと減っていて、少しでも感心をもっていただけているようでありがたく思います。 だんだんと演奏会が近くなるにつれてギアチェンジしてきてます。お正月ぼけも完全にぬけました。 さて、練習練習。

メージャー・ダイアトニック・コードについて

音楽理論
01 /28 2017
まずピアノを思い浮かべてみてください。
よく耳にするドレミファソラシド
黒鍵を使わないで全て白鍵でまず弾いてみてください。
(余談だけど日本人はすごいですよね、小学校のときから音楽の授業があるので、まずこのピアノを思い浮かべてドレミファソラシドとはなんぞや、というところから説明しなくても皆さん理解できるはず??なのです。
何言ってんの私わかりません、という方は失礼しました。)

続きいきましょう。
今、弾いていただいたのが、または思い浮かべていただいたのがハ長調(Cメージャー)の音階です。
さて、次に黒鍵を使わずに白鍵のみで、1つ音とばしでまずは3和音いっきに鳴らしてみましょう。ドの次のレを飛ばし、ミを弾き、ファを飛ばしソを弾くといった具合です。それが出来上がったら次はレから同じように。ミから同じように……やってみましょう。こんな感じで。


ド、ミ、ソ
レ、ファ、ラ
ミ、ソ、シ
ファ、ラ、ド
ソ、シ、レ
ラ、ド、ミ
シ、レ、ファ

するとハ長調の音階の中に7つの和音(コード)が完成しました。


これをメージャー・ダイアトニック・コードと呼びます。何も難しいことはありません、シンプルです。



クラシックをベースに教育を受けてきた人にとっては、ダイアトニックコードとか難しい言葉、わけわからん、アレルギーを起こす、わけですがそんなに複雑なことではないのです。
上に挙げたコードを
ド、ミ、ソ、シ
レ、ファ、ラ、ド
ミ、ソ、シ、レ
ファ、ラ、ド、ミ
…………
…………
…………
といった具合に4和音にしていけば7th(セヴンス)系のコードができます。そちらについては以前の記事でふれたことがあります。再度 記事にするかもです。

それぞれに和音には響きの特徴があって明るいとか暗いとか…
クラシックの言い方とポップス系の世界での言い方が違い混同しがちなので並べてみました。
ド、ミ、ソ 長三和音=メージャートライアド
レ、ファ、ラ 短三和音=マイナートライアド
ミ、ソ、シ 短三和音=マイナートライアド
ファ、ラ、ド 長三和音=メージャートライアド
ソ、シ、レ 長三和音=メージャートライアド
ラ、ド、ミ 短三和音=マイナートライアド
シ、レ、ファ 減三和音=ディミニッシュトライアド
という感じになります。

どちらが好きですか?
トライアドてトライアングルを思い浮かべてみてください。トリオでもいいでしょう。3つのことですよね。3つの和音、3和音ということになります。


コードネームというもの自体が英語で書かれているものなので、もしコードネームを深く知りたい、コンプレックスがあるのであれば、英語表記で覚えておくと後々の学習で楽になります。

まだまだ細かいことを書けばきりはありませんが今日はこのぐらいにしときます。

テンションノートについて2

音楽理論
01 /28 2017
テンションノートはナチュラルテンションとオルタードテンションに分かれる。青字で書かれたものがナチュラルテンションとなり、赤字で書かれたものがオルタードテンションだ。


ダイアトニックコード内の5度7thではナチュラルテンションの9thと13thに加えオルタードテンションを全て使えるためかなり自由度が高い。ただし原則11thは使えない。Cメージャーキー(ハ長調)におけるダイアトニックコードの5度7thにあたるG7を例に考える。G7というコードにおける3度のトーンはシだ。そしてG7にとってのナチュラル11thはドであり、シとドの関係が♭9thとなり、サウンドが濁ってしまう。それゆえに11thはアボイドノート(障音)となり使用することができない。すなわち3度の音とナチュラル11thが濁ってしまうから使用できないのである。
オルタードテンションは♭9,♯9,♯11,♭13と覚えておこう。

ギターフェスティバル2017 チケット

ライブ、コンサート情報
01 /27 2017
2月19日のギターフェスティバル2017のチケットですが、大手ギターピアノ教室でも取り扱いがございます。
お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

気候の変化が激しいですね。電車に乗っているとゴホゴホと咳をされている方を多く見かけます。
風邪を引かないよう気をつけましょう!

寒さ

レッスン
01 /24 2017
今日の夜は特に冷えますね。
荻窪はかなりの冷えこみです。
体に気をつけましょう!

明日 水曜はピアノコースのレッスン日です。
よろしくお願いします。

サモラのアポヤンド

ギター技術分析、ギター論
01 /23 2017
もう4年ぐらい前の話になるが、私がマスタークラスを受けたホルヘ・ルイス・サモラのアポヤンド奏法で奏でられる音色は図太い音だった。演奏を聞いた後 頭を金槌か何かでぶん殴られたかのような衝撃だった。これは本当だ。
弦に対しての角度が90度に近く、第一関節からがっつりと弾いているようだった。
ちょうどこのような感じ。

ここから弾いた指が2弦によりかかるわけだがそのときあたかも2弦に対して90度ぐらいに見えた。最大限の圧力が弦に加わっている感じ。
先日 映画 パコ・デ・ルシア を鑑賞したのだが、パコのアポヤンドも弾いた指が隣りの弦によりかかった瞬間90度になっているように見えた。弦に対しての圧力は相当加わっている印象だった。

しっかりとした発音
豊かな音色

こういったものは、大切だと僕は思っている。

さりげない喜び

感じたこと、日常
01 /22 2017
チラシをボックスの中に置かせていただいてから、中を見ると持っていってくださった方がいたようで枚数が減っており嬉しくなりました。
ありがとうございます。

ブログも"大手ギターピアノ"で検索するとヒットするようになっており、当面はこちらでリアルタイムの情報なども配信していければ、と思っております。

動かなくなるメカニズム 私の見解

ギター技術分析、ギター論
01 /22 2017
動かないと思うと動かなくなる、そして逆に無意識化されていて、指の動きというより、"耳"に意識が集中していると不思議と動く。
これは中級以上のレベル
腕から下、肘、そして指の弾くための筋力がついていることが前提となる。

弾けていて、急に弾けなくなるという現象には、だいたいがメンタルが大きく影響している。昨日弾けていて急に弾けなくなる、普通ならばありえない。
しかし実際には起きている。とりわけ勤勉で生真面目な人に限って。

1.無意識に指がパラパラと動くメンタルを抑制する
2.フォームの大幅な修正(今まで何となく弾けていた)

この2つは切り離せない。フォームを変えるということは、考えて弾くということに繋がってくるわけであり、無意識が意識化されていくことである。それ自体は必ずしも悪いことではないが、生真面目な人がフォーム矯正をすると、極端な意識化に繋がりそれが動きを抑制してしまうことがある。
無意識化されていたときのフォーム、すなわち教育をそこまで受けていないフォームが指が動くまわるケースでは、
筋力の消耗が激しい、ないし音質が悪く音圧が出ない、伸び代に限界のあるフォームであることも少なくない。
しかしそれを矯正する、そしたら動かなくなる、なんていうこともある。

動き、一つを考えても繊細、複雑なことだ。
スポーツ選手でもそういったことがよく起こると聞いたことがある。

自分は動かないと思いこむようになるとその後は何年も苦しむことになる。
動かないと、元のフォームに戻したくなるがそれがまた悪循環を作る。一度 矯正したらよっぽどでない限り戻れないし、また貧弱な音に戻ってしまうのだ。長期的に見れば良い結果を生まない。
フォームを音が豊かに響き、鳴るフォームに矯正するのはより良い音楽を目指すならば重要だ。

そこから動くようにするためには自分のやり方を信じ意識をより耳に集中するのだ。

スケールを弾くとしよう。例えば右手のパターンが決まっている。
アウフタクトになっているところを初めから全力で弾いたりしたら途中で筋肉が緊張しぱなしでつまってしまう。強拍と弱拍、それからアーティキュレーションを考えれば自ずと筋肉の使い方、緩めができるようになるはずだ。
よく言われることだが 歌う ことが大切なのだ。どう歌うのか?どう歌ったら自然に聞こえるのか。

人は歌うとき常に喉を全力で酷使していたら歌う方も疲れてしまうし聞く方も疲れてしまう。喉を壊すだろう。

緩めを体に覚えこますこともスケール練習やアルペジオをやる際の意識として大切だ。 音楽の自然な流れをよく耳で聞くのだ。

これも理論と同じように言葉では伝えにくい。
特に技術は感覚の世界だから。


テンションノートについて

音楽理論
01 /20 2017
音を3度堆積していきトライアドを作るという話は以前した。随分 前になってしまった。
そこにエクステンション7th(セブンス)を加えることで様々なバリエーションが生まれる。
そして、さらに9th,11th,13thのサウンドを加えるとまた今までとは違った新鮮な響きが生まれる。

7thやメージャー7thの復習としては具体例としては
ド、ミ、ソにシ♭を加えれば7thコードになるし
ド、ミ、ソにシ♮を加えればメージャー7thとなる。
次にこのドミソに対しての
9th,11th,13thは
レ、ファ、ラとなる。

一例としては
C7にDmのコードを構成する音を加えればよいのである。
同じように
D7にはEmのコードトーンを
E7にはF♯mのコードトーンを
加える。
根音(ルート)に対して全音分 上の音を根音(ルート)とするマイナーコードを加えればよいのだ。ドならばレのことだ。

9thには♭9th、♮9th、♯9thがあり
11thには♮11thと#11thがあり
13thには♭13thと♮13thがある。

♭11thや♯13thはないので注意。


またダイアトニックコードでそれぞれ使えるテンションノートが決まっている。
その中でダイアトニックコード内の5度7thは様々なコードスケール(リディアン♭7、ミクソリディアン、フリジアン#3、オルタードスケール)が使えることから上に上げたテンションのほとんどが利用可能である。

ただ、このように図の解説もなく、ただ文字の羅列だけでコードハーモニーを理解するのは難しいと思う。前提となる知識がある人は別だが。

今回の理論レッスンを理解する上では、先日 聞き分けができるとよいですよというところで触れた音程のことはもちろんコードの成り立ち、ダイアトニックコードについて理解する必要がある。
それからコードスケールを学んでいくとテンションについても見えてくる。
僕としてはまずはダイアトニックコードで使えるテンションをざーっと覚えてしまって、後からコードスケールを学ぶのでもよいと思う。

また、私の考えとしてはテンションノートは料理でいうところのスパイスだと思っている。ジャズプレーヤーでもなければ“基本的には”トライアドとエクステンション7thで音楽構成していけばよいだろう。 そこに緊張感を生むようなテンションが時折加わることによりその音楽の色彩が豊かになると僕は考えている。
余談だがベートーヴェン ソナタop27の月光なんかをこうしたジャズ的なアプローチで分析したことがあるがメロディにテンションを使っている箇所がありその使い方も自然であり面白い。

今回は難しかったかもしれない。
初心者の方はこんなものもあるんだ、ぐらいで考えておいてほしい。

チラシを置きました

ライブ、コンサート情報
01 /17 2017
荻窪教室の看板前にチラシボックスを設置し
ギターフェスティバル2017のチラシを入れました。

まずはどんな活動をやってる人なのか知っていただくということが大切だと思っています。

朝ご飯

感じたこと、日常
01 /17 2017
朝はたいていこんな感じです。ささっと作ってささっと食べて1日がスタートします。朝食プレートと呼んでいます。

一人生活の話 2

レッスン
01 /16 2017
ブログ記事はギターのことや音楽以外のことを書いたりするとアクセスや拍手が増えるのは不思議です。
読者の方は私の日常も知りたがっているということなのでしょう。

そうですね

一人で生活していると、よく言われることかもしれませんが”家族のありがたみ”を感じます。
どんなことにでも言えることだけれども自分がいざとなって体験してみないとわからないということなのですね。
ご飯作り、掃除、洗濯、洗い物、朝のゴミ捨て それからたまにだけれどもアイロンがけ そういったものを全部自分でこなしていくと時間がすぐにたちます。
近所の方にもたまに朝 私の姿を見られますね。
おはようございます だなんて言われると新大久保時代にはなかったことだったのでほっこりとした気分になりますね。

プチレッスンノート
大人になってからでも音程の聞き分けはできるようになります。
”いわゆる絶対音感”ではなくて相対音感みたいなものですね。
ピアノを想像してみてください。

ピアノでどんな組み合わせでもいいので二つの音を同時にならしてみてください。
様々なバリエーションができますね。

音程 音の間隔=インターバルと言います。2つの音の高低の幅です。
いくつかの分類ができますので実際に鳴らしてみてその響きの違いを味わってみてください。
そしてその響きから受ける印象を何か言葉で表してみましょう。暗いとか明るいとか最初はそんなのでいいです。
インターバルの話からするとものすごくややこしくて長くなってしまうので
実際にやってみてほしいです。

色々と音楽の理論書には丁寧、親切に書いてありますが 結構挫折しちゃうんですよねそこで。
ということで
シンプルに考え、とにかくやってみる。それが一番です。
理論は後からでもついてきます。

ピアノで実際に鳴らしてみましょう。
実際の音で行きます。下に指定された2音を同時に鳴らしてみましょう。
響きを楽しんでください。

バリエーション1 ドとファ ドとソ 
完全4度と完全5度の聞き分け

バリエーション2 ドとミ ドとミ♭ ドとラ ドとラ♭ 
長3度と短3度/長6度と短6度の聞き分け

バリエーション3 ドとシ ドとシ♭ ドとレ ドとレ♭
長7度と短7度/長2度と短2度の聞き分け 


これができるようになるだけでもあなたの音楽に対する感じ方はだいぶ変わってきます。



一人生活談義

感じたこと、日常
01 /13 2017
荻窪に移転してから、一人で生活をしているわけですが
時間管理というものの難しさを感じながら試行錯誤しながら生活しています。
物事は取り掛かるまではしんどいものですがやり始めると気合いで、勢いでいけます。

今日は中峰師匠と 一人暮らし談義で話が盛り上がりました。
色々とアドバイスをいただきました。
師匠のストイックさにはいつも頭が下がります。
この道 一筋で生きてきた方がおっしゃる言葉にはいつも説得力があります。
それから教室の経営についてもブログはこまめにアップした方が良いよ 
とアドバイスをいただきました。
頑張ってアップをしていこうと思いました。

私は生まれも育ちも新大久保
私の母の実家が荻窪ということもあり縁が全くなかった土地ではないのですが
まだまだわからないことだらけです。

先日近所の方々に挨拶回りに行きました。
看板もださして頂いたので気持ちが引き締まりました。
まだまだこれからの教室ですが皆様に愛される教室を目指して頑張っていきます。

東京タワー近くにて

チェロ
01 /12 2017
ザプリンスタワー東京にあるイベントホール
メロディラインにてチェロ時代の同門 韮澤有さん、サックス佐川鮎子さん、ピアノ織井香衣さんのトリオの演奏を聞いてきました。
今回で見に行くのが3回目でした。毎回毎回 トリオの息が合ってきて 何より音のバリエーション、表情が豊かで素敵でした。
韮澤さんは昔から才能を感じるチェリストです。毎回毎回その音が磨かれ洗練され、表情豊かになっていると思いました。彼女の音楽に対する真摯な姿勢が音になって表れているのだと思います。

余談ですが、12月に荻窪教室にトリオで練習に来てくれたピアニスト髙野さんと赤羽橋の駅でばったり出くわしたのも驚きました。それから今回のピアニスト織井さんはうちの父が所属する男声合唱団の伴奏を担当している方でこれまた世界は狭いなっと思いました。

荻窪教室に来てくれたトリオ
ピアニスト 髙野由紀さん
チェリスト 韮沢有さん
クラリネット 切通麻乃さん
この3人にも今後注目です。
同世代の彼女達。僕も刺激を受けています。

仮 ホームページ

レッスン
01 /07 2017
本日、荻窪教室に遂に看板が掲載されました。

看板には流行りの検索窓を設け、キーワードで繋がるようなレイアウトにしていただきました。看板作成してくださった名イラストレーター山下ハイジさんには感謝です。



しかし、看板出したはいいのですが、肝心のホームページがまだ出来上がっておらず、これではまずい!ということで今日急いで、テーブルタグメインの最低限の情報だけを載せた簡易ページをテキストエディタの打ちこみのみ、大急ぎで作成しました。

大手ギター・ピアノ教室の本格的なホームページの作成は進行中でjavascriptやphpなどプログラミング言語を駆使した手のこんだものになる予定です。お楽しみに。

photoshopでデザイン案(1枚絵)を作成し、スライス(パーツをバラバラに切りとって)、dreamweaverでコーディングそしてインタラクティブにするため(動くデザインにするため)javascriptを、そしてお問合わせフォームはPHPを使っていくという流れになっていくわけです。

デザイン案は年末、年始でかなり形にはなってきています。
もう少しゆっくり取り組みたいのでお待ちください。

下記サイトは褒められたものではありませんが(ポンコツな??)、しかし営業に必要最低限の情報は載せました。しばらくはこの簡易ページにお付き合いくださいm(_ _)m
大手ギター・ピアノ教室ホームページ 仮

引き続きホームページ作成は頑張ります!

2月19日 ギターフェスティバル

ライブ、コンサート情報
01 /06 2017
考えてみたら2/19はすぐにやってきますね。
今年 最初の演奏スケジュールとなります。
大御所の先生方々と共演、チャンスをいただき光栄です。
チケット前売り3,000円で、開始しております。皆様 応援よろしくお願いします。
曲目は現時点ではプログラム通りの予定ですが
状況によってはプレリュードとトッカータ1曲に変更もあるかもしれません。この曲が年末の演奏会でお客様の反応が一番良かったので。
でもアストゥリアスも捨てがたい。悩みどころです。いまは 爪のコンディションがベストでラスゲアートもがっつりいけますので。

2017 今年も

感じたこと、日常
01 /02 2017
みなさんよろしくお願い致します!
新年迎えたら拍手が何気に増えてて嬉しい気持ちになりました! 読んでいただけているようで、ありがとうございます。

弾き初め はすませました。

それから荻窪教室のすぐそばの神社に初詣に行ったら大吉が出ました!
けっこう嬉しいものですね。

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ