自分のパターン

ギター技術分析、ギター論
03 /17 2017
ギターに関してのお話。
弾く指のほう(右手)には様々なバリエーションがあります。 弦を押さえる指(左手)にもいろいろとあるように。
自分にとって他のパターンと比較したとき(相対的に)動かしやすい右手パターンは必ずあります。
もちろん苦手なパターンも鍛えたほうがよいです。
だけれどもステージ演奏を想定したときに、無理がある右手パターンで臨んだ場合、ミスタッチのリスクが上がってきてしまいます。 練習をしながらみつけていくとよいと思います。
m,aが速いのか
i,aが速いのか などなど…
スポンサーサイト

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ