リズムの話

音楽理論
04 /26 2017
僕がまだギターを始めたばかりのとき
チェロは、(早期教育で有名な教室に通っていて、そこは耳から音を入れる教育だったので)音楽の基礎的なことが抜けている状態でした。とにかくレコードを毎日たくさん聴きなさい、という教育でした。レッスンではアダミーラ先生と毎回一緒にチェロを弾くことで音楽を学びました。決して耳から入れることは無駄にはなっていないというのは確かです。
しかし、そんなわけで、音楽の基礎が全くわからず、特にリズムは苦手で、CDの真似をする、他の人が弾いてるのを真似するということはできても自分でリズムが取れないのでした。
今はちゃんと専門教育を受けたので、できるようになりましたが。けっこう苦労しました。
リズムのエピソードで思い出しますのは、僕の師匠である中峰先生のレッスンに通い始めた今から13年前のことです。ピアソラの「ブエノスアイレスの夏」の楽譜を持っていったとき、中間部のテンポがゆっくりになるところのリズムがCDの真似のようにしか弾けなくて、ゆっくり弾くと自分は拍がめちゃめちゃになってしまって、イチトオニイトオ…のように丁寧に譜面に書いて教えていただいたのを思い出します。他の曲も全部そう。レイ・ゲーラの「そのあくる日」も有名ギタリストさんのCDの真似でしか弾けなかった。レントと指示があるのによくわかってなかったし、拍子も調性も全然理解できてませんでした。

ということをふと思い出しブログ記事にしました。
スポンサーサイト

ブログ

感じたこと、日常
04 /20 2017
更新はまめに、と思ってはいるのですが一人生活をしていてやることがたくさんあり時間があっという間に、過ぎてしまってマイペース状態に、なってます。 教室ブログは今日アップしました。
しかし更新が減るとアクセス数も不調になってしまいます。今は2つブログがあるので。でも頑張らねば。

昨日の演奏

ギター技術分析、ギター論
04 /17 2017
昨日は大曲グランソロを演奏してきました。以前とはまた違った表現ができたと思います。
それなりに課題はありますがまた頑張ります!
ステージ演奏はどんな瞬間よりも最高です。

練習

ギター技術分析、ギター論
04 /11 2017
メトロノーム4分音符=90から95ぐらいのゆっくりテンポで体にたたきこむ練習をしました。
土曜にオーバーワークしてしまい昨日倒れたので、今日は少なめな練習で終えました。 筋肉の疲労は完全に取れてました。

コツをつかんだ

ギター技術分析、ギター論
04 /09 2017
弦を弾く筋力は日頃の鍛錬で、ついているので浅いアポヤンドタッチにしても身につくのがはやい気がします。ヴィラ・ロボスの練習曲no.7なんかも今日はいつもより楽に弾けてた気がします。
スポーツと一緒で練習でフォームを体に覚えこませるのです。それがハマったときは一気に飛躍できます。
来週 日曜にグランソロを王子の北とぴあで弾きます。そろそろテンポ設定をある程度決めていきたいと思います。あとはポジティブなメンタルとイメージトレーニングはいつも通りです。

良い音と速さの両立

ギター技術分析、ギター論
04 /07 2017
指が速く動くのと同時に割れない音圧、音質、を両立させることはなかなか深い課題だ。
明らかに和音を弾いていていい音が鳴っていると思う姿勢や指が弦に入る角度をみつけたがその形はテンポを上げると崩れてしまう。 弾弦して、力をぬいてまた弾くと同時に瞬発的にエネルギーを発散させるわけだが。
グランソロのイントロダクションの音質のまま、テーマも歌うようなふくよかな音質で弾きたい。

フォームいじり

クラシックギター
04 /05 2017
いろいろフォームをいじくりまわしてたのですが、結局1番自分にとって弾きやすい弾き方、(2月の大御所のギタリストの方々とのジョイントのときの形)に戻ってきました。 この形で微調整を加えつついきます。

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ