コードトーンについて2

音楽理論
06 /24 2014
第1回で学んだメージャートライアド(長3和音)をマイナートライアド(短3和音)、オーギュメントトライアド(増3和音)、ディミニッシュトライアド(減3和音)に発展させます。

マイナートライアド
Cm
Cメージャーコードのド(1)ミ(M3)ソ(P)のミを半音下げてミ♭(m3)にする。

和音構成
ド(1)ミ♭(m3)ソ(P5)
となる。
IMG_2193.jpg


オーギュメントトライアド
Caug
Cメージャーコードのドミソのソを半音上げてソ♯(aug5)にする。

和音構成
ド(1)ミ(M3)ソ♯(aug5)
となる。
IMG_2195.jpg

ディミニッシュトライアド
Cdim
Cメージャーコードのミ(M3)とソ(P5)を半音下げてミ♭(m3)ソ♭(dim5)にする。

和音構成
ド(1)ミ♭(m3)ソ♭(dim5)
となる。
IMG_2194.jpg


第1回で学んだメージャートライアドのM3やP5をいじることによって同じようにm、aug、dimがそれぞれのコードに対してできる。
例えば
Dmならばレ、ファ♯、ラのファ♯(M3)を半音下げてファ(m3)にすれば完成。
Bdimならばシ(1)、レ♯(M3)、ファ♯(P5)のレ♯(M3)とファ♯(P5)を半音下げてシ(1)、レ(m3)、ファ(dim5)とすれば完成。

公式として和音構成を度数で覚えておくと応用がきく。

メージャートライアド
P5
M3
1

マイナートライアド
P5
m3
1

オーギュメントトライアド
aug5
M3
1

ディミニッシュトライアド
dim5
m3
1

次回からはいよいよ3和音を拡張させた4和音いきます。
メージャートライアド、マイナートライアド、オーギュメントトライアド、ディミニッシュトライアドがベースとなりそこに1音加えることでコードのバリエーションが一気に増えます。

これからの流れ
1、7thコードとM7thコード 
2、m7thコードとmM7thコード
3、aug7thコードとaugM7thコード
4、m7th(♭5)コードとdim7thコード
5、まとめ

マイペースで更新していく予定です。

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ