おすすめのコードブック

ギター技術分析、ギター論
06 /29 2012
 愛用しているギターのコードブックがあります。
リットーミュージックから出てる
「ギター・コードまるわかりBOOK」渡辺具義 著です。以下リンク貼っときます。
ギターコードまるわかりBOOK

よくレッスンでD7型だのB7型だのディミニッシュの型とか出てきます。ディミニッシュといえばヴィラ・ロボスのプレリュードNo.1!!それからタンゴ・アン・スカイに頻出しますね!?Ddim7型っつーやつですね。こいつを12フレットまで平行移動してやるわけです。

コードをフォームで捉えると暗譜の助けにもなるし、和音をコードトーンとして捉えられもっと進んだところでいくとコード進行で捉えることができると思うんです。アナライズできるようになればそれは大きなことだと思います。この本はたくさんのコードフォームが無駄なく効率的に載っています。良いと思うのはコードの構成音の度数が表示されていることですね。Root,m3rd,M3rd,P5th,m7th,M7th(主音、短3度、長3度、完全5度、短7度、長7度)etc・・・
まあ言葉で言ってもわかりにくいんで写真を載せておきます。こんな感じで書いてあるんでどの音が何度の音なのかというのが一目でわかるんですよ。
コードのフォーム

今やっているTurinaのファンダンギーリョは7thコードやM7thコードそれにm7th♭5コードがけっこう出てきます。Am7th♭5型というやつです。上のコード表でいうとタイプ2ですね!!
そんな感じで考えていくとまた違った視点で音楽が楽しめますね。

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ