ゲスト出演 角筈ホール

未分類
05 /04 2015
ピアノの演奏会にゲスト出演してきました。 ピアノの方々、プロ級の人達はプーランクの即興曲第1番、第7番やバッハの平均律第12番やショパンの舟歌op60やらをほぼノーミスでやってのける凄まじいレベルでした。彼らもストイックに音楽を極めようとしている。刺激を受けました。

グランドピアノに音量で対抗しようなどとは最初から思っておらずもちろんギターの美しい音色勝負でいきました。

楽屋ではわりと緊張気味でしたが、ステージに立った瞬間、そして一音出した瞬間、急に演奏モードのスイッチが入り自分の出す音色に陶酔することができました。何かこれはまた新しい感覚。
演奏中にただ第3者の自分がいるのではなく自己、内面に深く入っていく感覚。
昨日のミュラー8弦は本当によく鳴ってくれました。助けられた。低音はずっしりと、高音は甘くて伸びやかで、気分がのってきて、本番の演奏中に練習で出なかった音色が出ちゃったり、楽しかった。楽器と一体になれてハッピー。
お客さんもみんなあったかくて弾きやすかったです。

曲目はエンデチャ・オレムスとカプリオアラべ といった感じに綺麗なタレガで揃えました。
エンデチャ・オレムスに関しては準備期間ほぼ1週間ちょっとぐらいといった具合でした。短期間で小品をいかに仕上げるかという試みは良い機会となりました。本当に美しい。タレガはなんて綺麗で美しい曲を書くのだ! ! ギターの良さを最大限に出しますね。

毎度のごとく良かった点、を書いてみました。また心に秘める部分、課題をプラスにしていきたいと思います。


コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ