弾き比べ

未分類
08 /03 2015
家にある楽器を、弾き比べました。
スモールマン
断トツの4〜6弦、とりわけ6弦の響きはすごい。それだけに高音の鳴りが少し不満かな。 バランスでいうと良いとは言えないかも。ただ素晴らしい楽器であることに間違いはありません。さすが名器。
ヒメネス
個性が強く、高音が独特。 音量はスモールマンに比べると小ぶりだが全体のバランスがよく感じられ、操作性もよい。ダブルトップでありながら裏はアーチドバック採用の珍しい楽器です。
8弦ミュラー
バランス、音色 ともにこの楽器がもっとも優れているように感じられます。入手した当初は少し乾いた音色の印象でしたが弾きこみと、弾き方を変えたことにより伸びやかに歌ってくれてる感じがします。
8弦の響きを味わうともう6弦には戻れませんね。これは多弦を、やった人にしかわからない感覚ですね。
ただ難しい‼︎

最近 エチュードを、重視してやってます。試行錯誤中でいかに脱力、最短距離で弦を捉え正確、かつ力をうまく楽器に伝えるか、言葉で言うのは難しいけどいろいろとやってます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご返事が遅れてすみません


K様いつもコメントありがとうございます。遅くなってしまってごめんなさい。
スマホで返事しようと思ったらエラーでてうまくいかなくてふぅっとなっていたとこでした。
ようやくパソコンに向かったのでご返信しますね。

> 8弦と6弦の違いは、倍音という響き
> ですか?
そうですね、そのとおり独特ですよ。サスティーンがはんぱないです。長い音も伸びやかに歌ってくれます。
気持ちいいです。いまは弦替えたばかりだからなおさら。最高です。理想のサウンドです。

> 曲により楽器を使いわけたりしますか?
曲によって使い分けるぐらいの器用さがあればいいのですが、8弦を弾いたあとの6弦は慣れるのに少々時間がかかってしまうのでなかなか難しいところですね。

> エチュード作曲家は誰のですか?
定番ですよ、ロボスのエチュードno,1とかアグアドのあの定番のエチュード それからカルカッシを何曲か弾いてから曲の練習に入ります。ロボスを弾く際はひとつひとつのサウンドがしっかり均一に粒が揃うように意識してやっています。速さは後からついてくると思ってます。とにかく音のイメージ、理想があって遅くてもいいから粒をしっかりたたせることを意識してます。それでいて力まず瞬発力でスパッと弾弦することですね。弾く、ぬく、弾く といった動作がスピーディーにいくように、体に覚えこませています。あとはエチュードではないですけどピポーの歌と踊り第一番の踊り これがききますね。
なかなか言葉で表現するのは難しいですね。

遅くなりすみませんでした。

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ