ステージでの体感速度

未分類
11 /16 2015
このまえの演奏会の録音を聴き直した。
ステージでの体感ではritしたり、テヌートしたりしてるつもりでも
体感してるものと全然違うことに気づいた。
自分の音をよく自分で聴いてるつもりでも、実はその“聴いてる”の精度が低かったりするものだ。

先日、中峰先生のレッスンでも指摘いただいたように、歌詞をつけてみたり最後まで響きを聞く、それからフレージング、オーケストラ的な表現 そこを意識してやっていきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ