使用楽器

未分類
12 /09 2015
東京国際ギターコンクール1位のザビエルさんが使用していた楽器はフランスのhugo cuvilliezです。
それから2位のダミアンさんはドイツの8弦ダブルトップandreas kirschnerだと思われます。
いずれも現代の最先端技術を取り入れた楽器で日本のギター愛好家の多くにとってあまり聞いたことのない名前だったでしょう。
これらはいわゆる伝統楽器ではありません。
もちろん伝統楽器には伝統楽器の素晴らしさがあること否定しませんし共存していくと思います。実際伝統楽器を使用しダイナミックに素晴らしい演奏をされていた邦人ギタリストの方を見てそれを感じました。
しかし外国出身の彼らが、自らの音楽作り、音楽的欲求に反応してくれるものとして現代の楽器を選んでいるということ(楽器を選ぶうえでブランドという先入観はなかったのではないでしょうか?)そして多くの聴衆を魅了したことは事実です。

会場では、何の楽器を使ってたのか? と尋ねた方も多かったように思います。
演奏した彼らからすれば、なぜ日本人は楽器は何を使ってるのだ?と聞くのだろうか、と疑問に思ったかもしれません??

しかし、一つ頷けるのは、伝統楽器の音色に慣れてきた日本のギター愛好家にとって 現代のギターサウンドがいかに新鮮、魅力的で刺激に溢れれており、受け入れられつつあるということの表れかもしれませんね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

お疲れ様です!
ザビエルさんは松でしたよ、豊かな響きでした。
演奏会近いですが、ステージでうまく弾けたときのイメージを大切にいきましょう。 深呼吸。

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ