練習は特効薬

レッスン
12 /15 2015
本番前の不安を拭い去るのはやはり練習だなと感じました。

メモ:
練習の仕方は通し練習をすることだけではありません、階名(ドレミファ)を歌いながらスローテンポで弾くこと。指板のポジショニングの把握と並行してやります。

ギターを弾いてないとき 不安になったら譜面を見て、演奏イメトレ。 つっかえるところは要チェックです。発見したら「ダメだな俺」じゃなくて発見できてよかったというポジティブ思考。

それから成功したときの ステージでの精神状態を 頭にイメージしながら練習する。 頭と体にたたきこむ。脳に良いときの指令を送り癖をつけるのです。僕の場合は、自己陶酔して自分の音を第3者の自分がゆっくり丁寧に聞いて全てがスローに聞こえてくるような感じです。

それから大切にしてるのは睡眠です。過去、疲労や体調不良などから思ったように力が出せなかった経験からかなり大切にしてます。 これはタイプにもよるかもしれないですが。 睡眠は少なくならないように、夜眠れなくても仮眠を適度にとります。うまくいかないときはたいてい睡眠が足りてません。
休むことも練習なのです。練習後 寝ている間もうまくなるのです。

当日は脳に栄養を与えるため糖質を補給する、直前はチョコレートなどいいでしょう。集中力に影響すると思われます。
お腹はいっぱいにせず、かと言って完全な空腹状態ではない程よい状態がよいですね。




コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ