日本で当たり前のことは当たり前ではない

未分類
08 /21 2016
チェコでもドイツでもそうですが、買い物をしても基本は袋をもらえません。言って、ほしいと言ってもたいていは嫌な顔をされます。現地語で言えば違うのかも?? 英語は基本 嫌な顔されます。

あるスーパーでの出来事。会計しますね、お金払って商品を包むなんてことは一切なく、会計済みボックスのようなところに投げ捨てられます!これ、マジな話です。はいっ次!さっさっと荷物まとめて行かんかい‼︎てな勢いなわけです。
あと、レストラン行きますね
ひどいとこだと
「すみませーん まだオーダーしたのこないのですけど?」だの、「オーダーしたいのですけど? 」なんていうのは店員さんの仕事が終わるまで待たされ完全スルーされます! 店員に不備があっても謝りませんし、自己主張して自分を常に正当化する傾向があります。

一方、日本はどうでしょうか? もうサービスはファーストクラス並みが標準ですし、すみまん、申し訳ありません、耳にタコができるほど聞きますね!

日本に帰ってきて、それがすごく新鮮に感じます。細やかな民族ですね、我々 日本人というのは。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ