ホルへ・ルイス・サモラすごい

感じたこと、日常
07 /21 2012
一昨日はティアラ江東でリサイタル、昨日はマスタークラスと行ってきました。


素晴らしいギタリストです。 これはあれこれ言葉で言っても伝わらないとこなので主に感じたことを書きます。


凄まじいテクニック、図太い音、美音、存在感 感動しました。 終始フレンドリーに接してくださいました。人間性が音色に出てました。
DSCF0622 net

ギタリストのなかには、音はでかいしテクニックはすごいんだけど、(僕にとっては)音が硬質すぎて疲れてしまう印象を与える方もいます。だけどサモラは違います。太い音で甘いです。
ギターは本来は音量の出る楽器なんです。

音という果実があるなら、その実はぎゅーっとつまっていて深い味がします。


CDでは彼の本当の良さはわかりません。実際に聴いたり目の前でタッチを見たりして…いかに自分達と差があるのか気付きます。 圧倒的です。マスタークラスの様子です↓
master class_net


もう少し東京公演はお客さんがいればよかったのですが…こんなすごい演奏家なのにもったいないなぁ、もっとたくさんの人に聞いてほしいなと思ってしまいます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ