メージャー・ダイアトニック・コードについて

音楽理論
01 /28 2017
まずピアノを思い浮かべてみてください。
よく耳にするドレミファソラシド
黒鍵を使わないで全て白鍵でまず弾いてみてください。
(余談だけど日本人はすごいですよね、小学校のときから音楽の授業があるので、まずこのピアノを思い浮かべてドレミファソラシドとはなんぞや、というところから説明しなくても皆さん理解できるはず??なのです。
何言ってんの私わかりません、という方は失礼しました。)

続きいきましょう。
今、弾いていただいたのが、または思い浮かべていただいたのがハ長調(Cメージャー)の音階です。
さて、次に黒鍵を使わずに白鍵のみで、1つ音とばしでまずは3和音いっきに鳴らしてみましょう。ドの次のレを飛ばし、ミを弾き、ファを飛ばしソを弾くといった具合です。それが出来上がったら次はレから同じように。ミから同じように……やってみましょう。こんな感じで。


ド、ミ、ソ
レ、ファ、ラ
ミ、ソ、シ
ファ、ラ、ド
ソ、シ、レ
ラ、ド、ミ
シ、レ、ファ

するとハ長調の音階の中に7つの和音(コード)が完成しました。


これをメージャー・ダイアトニック・コードと呼びます。何も難しいことはありません、シンプルです。



クラシックをベースに教育を受けてきた人にとっては、ダイアトニックコードとか難しい言葉、わけわからん、アレルギーを起こす、わけですがそんなに複雑なことではないのです。
上に挙げたコードを
ド、ミ、ソ、シ
レ、ファ、ラ、ド
ミ、ソ、シ、レ
ファ、ラ、ド、ミ
…………
…………
…………
といった具合に4和音にしていけば7th(セヴンス)系のコードができます。そちらについては以前の記事でふれたことがあります。再度 記事にするかもです。

それぞれに和音には響きの特徴があって明るいとか暗いとか…
クラシックの言い方とポップス系の世界での言い方が違い混同しがちなので並べてみました。
ド、ミ、ソ 長三和音=メージャートライアド
レ、ファ、ラ 短三和音=マイナートライアド
ミ、ソ、シ 短三和音=マイナートライアド
ファ、ラ、ド 長三和音=メージャートライアド
ソ、シ、レ 長三和音=メージャートライアド
ラ、ド、ミ 短三和音=マイナートライアド
シ、レ、ファ 減三和音=ディミニッシュトライアド
という感じになります。

どちらが好きですか?
トライアドてトライアングルを思い浮かべてみてください。トリオでもいいでしょう。3つのことですよね。3つの和音、3和音ということになります。


コードネームというもの自体が英語で書かれているものなので、もしコードネームを深く知りたい、コンプレックスがあるのであれば、英語表記で覚えておくと後々の学習で楽になります。

まだまだ細かいことを書けばきりはありませんが今日はこのぐらいにしときます。

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ