ト音記号とヘ音記号について

音楽理論
03 /29 2017
ト音記号とヘ音記号について今日は書きます。

ト音記号について
トとは、
日本音名ハ、二、ホ、ヘ、ト、イ、ロのトからきてます。これは私達が普段呼び慣れている階名表記にするとド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドとなります。
つまりトは、ソということになりますね。
5線譜の第2線(下から2番目の線)つまりソのところにうずまきの中心がくるように書きます。
作曲家の直筆譜には様々な個性があり、有名な作曲家になってくるとその書き方によって誰が書いた譜面なのかがすぐわかるという話を聞いたことがあります。その人の個性、一目で見てわかるサイン?のようなものだと言えるでしょう。

階名はド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドです。

音名については様々な呼び方があります。

ドイツでは音名がC(ツェー),D(デェー),E(エー),F(エフ),G(ゲー),A(アー),H(ハー)となり、
アメリカではそのままC(シー),D(ディー),E(イー),F(エフ),G(ジー),A(エー),B(ビー)となります。

イタリア語では音名と階名が同一の呼び名でド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドとなります。

話が音名と階名の話に脱線しましたが
ト音というのはG音のことですからト音記号はGクレフとも呼びます。
同様にヘ音記号のことはFクレフと呼びます。

まとめ


「階名 音名」とGoogleで検索するとより細かく詳しく書いてあるところが出てきますのでより詳しくはそちらをご覧ください。

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ