リズムの話

音楽理論
04 /26 2017
僕がまだギターを始めたばかりのとき
チェロは、(早期教育で有名な教室に通っていて、そこは耳から音を入れる教育だったので)音楽の基礎的なことが抜けている状態でした。とにかくレコードを毎日たくさん聴きなさい、という教育でした。レッスンではアダミーラ先生と毎回一緒にチェロを弾くことで音楽を学びました。決して耳から入れることは無駄にはなっていないというのは確かです。
しかし、そんなわけで、音楽の基礎が全くわからず、特にリズムは苦手で、CDの真似をする、他の人が弾いてるのを真似するということはできても自分でリズムが取れないのでした。
今はちゃんと専門教育を受けたので、できるようになりましたが。けっこう苦労しました。
リズムのエピソードで思い出しますのは、僕の師匠である中峰先生のレッスンに通い始めた今から13年前のことです。ピアソラの「ブエノスアイレスの夏」の楽譜を持っていったとき、中間部のテンポがゆっくりになるところのリズムがCDの真似のようにしか弾けなくて、ゆっくり弾くと自分は拍がめちゃめちゃになってしまって、イチトオニイトオ…のように丁寧に譜面に書いて教えていただいたのを思い出します。他の曲も全部そう。レイ・ゲーラの「そのあくる日」も有名ギタリストさんのCDの真似でしか弾けなかった。レントと指示があるのによくわかってなかったし、拍子も調性も全然理解できてませんでした。

ということをふと思い出しブログ記事にしました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ