セーハのコツ

ギター技術分析、ギター論
07 /26 2012
 ギターで最初につまづくのがみんなセーハですよね?Fコードで挫折するというやつです。中峰先生の記事にもありました。今日は写真つきで解説したいと思います。

 まず最初の写真が多くの愛好家の方々がイメージするセーハです。
セーハ1

セーハ2

 そして2枚目が僕がやってるセーハです。
こういったセーハの方法は巨匠カルロス・ボネル、ホルヘ・ルイス・サモラも重要性を説いてました。現在では世界的に常識となっています。

 1枚目と2枚目の違い考えてみてください。

1枚目は親指と人差し指でぎゅっと挟みつける従来考えられていたセーハです。これだと指がすぐに痛くなってしまって挫折、故障の原因になりかねません。また長時間の練習、演奏に耐えられません。根性でやってもよい効果は得られませんよ。

2枚目を見ると肘が下に下がっているのがわかるでしょう。重力に逆らわず左腕の重みを乗せてぶら下げるようなイメージです。だらーんとやってみてください。意識を腕から肩へ~体の重みを使って、そして重みを感じてください。
そして親指はそえるイメージで決してぎゅっとやらないでください。慣れてくれば親指がなくてもセーハできるようになります。 この左手 親指というのは非常に重要な要素をもっています。この話はまた次の機会に。
 
 もうひとつ意識してほしいのはおさえる左腕、胸の中心、右肘の3点の力のバランスです。胸の中心はヤジロベエの重心だとイメージしてください。左と右のバランスが悪いと力にロスが生じます。左に力が入るなら右肘でうまく調節します。そのときに下の意識をもってください。だらーんと下がってる感じです。重力に逆らってはいけません。決してむきになってはさみつけるのとは違います。

 youtubeの巨匠の演奏を見てみてください。(先日マスタークラスを受講した)巨匠サモラの左腕の使い方を観察してみてください。曲はEduardo Martinのsonです。中間部がセーハの連続です。


おまけです。珍しく俺はメガネです。↓
zamora and I 2

 どうです?決してはさみつけるようなセーハではないはずです。そのほかにも右指の使い方、呼吸の取り方、いろいろなところを観察するということも大切です。


セーハ地獄ってよく言うんですけど地獄ではないんです。
地獄になってしまうのはセーハの仕方がよくないだけなんですよ。
もちろんセーハするにもある程度の基礎的な筋力が前提となってきますし、初心者がいきなり2枚目のようにうまくセーハできるかといったら違います。ある程度の訓練が必要です。
 
 このようにセーハは決してムキになってはいけません。セーハ=大変という常識を頭の中から取りはらっていかに楽をして押えるかを考えてみましょう。 自然と2枚目のようになりますよ。

コメント

非公開コメント

セーハについて

こんばんは。
セーハについて悩んでいて、色々検索しているうちにこちらのブログにたどり着きました。
私も色々な方法を試して、2枚目の写真のような押さえ方が良いのだという結論に達したのですが、また一つの壁に当たりました。
例えばFm7のフォーム(6弦1フレットがルート)に2弦4フレットを小指
で押さえなければならないコードがあるのですが、この場合、小指を押さえると人差し指のセーハが弱くなり、音が鳴らなくなりました、、、、、
大手さんはこのような場合、どのように対処しておられますでしょうか?

いきなりの長文で大変失礼致しました。


Re: セーハについて

ヨシアキ様
コメントとご質問ありがとうございます。
確かに写真のように下への意識が強くなりすぎると、ヨシアキ様のおっしゃるコードフォームを抑える際
小指とセーハしている指のバランスがとりずらくなりセーハが弱くなりがちです。
ヨシアキ様がおっしゃる
Fm7のコードフォームは
6弦からファ、ド、ミ♭、ラ♭、ミ♭、ファですね?
(1フレットセーハで5弦3フレットを薬指、2弦4フレットを小指)
ミ♭は7thの音です。
このフォームは4弦、2弦に7thの音を重ねることによって7thの響きを強調するフォームです。

こちらで抑えたいのであれば(多少難易度があがるので)
人差し指の筋力をある程度鍛錬し、慣れていく必要があります。
ただし、下への意識と同時に右ひじを前方に出してみると楽にはなります。
同時にネックをはさむ役割の左手親指の位置が低音弦寄りにならないように注意してください。
私はこの場合、だいたい3弦と4弦の間ぐらいに左手親指が位置します。

第2の提案としては、Fm7のコードフォームで下記の一般的なものを使うことをおすすめします。
1フレットを⑥から①までセーハし、5弦3フレットを薬指で抑える一般的なm7thのコードフォームです。
これですと弱い小指を使用する必要がありません。
響きは多少変わりますが、これでもちゃんとm7thコードの構成和音をみたします。
6弦からファ、ド、ミ♭、ラ♭、ド、ファとなります。
ファがルート、ラ♭がm3rd、ドが5th、ミ♭が7thですから
このフォームでもFm7コードの構成和音すべてを満たします。
こちらのほうが楽ですよ。
参考まで。
ぜひためしてみてくださいね。

ギターを演奏する際に楽に演奏するためにはいろいろとコツがあります。
なかなか1人でやっているとコツを発見するのに大変だとは思うので
習ってみるのもいいかもしれませんよ。目からウロコです。
大手ギター教室では無料体験レッスンもやってますのでお気軽にどうぞ^_^
力になりますよ!
コードフォームからコードフォームの仕組み、コード進行なども対応してます。
また質問などいつでもどうぞ。


大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ