コードを考える

ギター技術分析、ギター論
12 /09 2012
最近コードトーンへの関心が強くなってきました。
コードというとローポジでのギターコードが思い浮かぶかと思いますが、そういうものじゃなくって
もっと深い部分、当たりまえだけどコードには構成音があるので、どういう音で各コードトーンが構成されていて
曲のなかでどう使われているのかということです。

ギターという楽器では
たとえばC(ド、ミ、ソ)のコードであれば、このような三音(トライアド)のパターンなら
1弦から3弦、2弦から4弦、3弦から5弦、4弦から6弦で12フレットまでで
各3種類ぐらいは作れます。
もちろん転回して、ミソド、ソドミの形には変化しても出てきます。
形がパターン化されているので覚えておいて損はないかなとは思いますね。

和音の音をぱっと初見で見ただけでおさえられるようになりたいものてす。

コメント

非公開コメント

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ