今日の合わせ練習

クラシックギター
10 /01 2017
中峰師匠と尊敬する兄弟子の菊池さんとのトリオのリハーサルでした。皆が申し合わせることなく一日中 ギターを練習していたので、合わせ練習を迎えるときには皆 少々 疲れ気味でした。 しかし、次第に息が合ってきていい感じになってきました。
今日 日曜は演奏会前の最後の合わせ練習となります。 完成度の高いものに仕上げていきたいと思います。
それにしても師匠、菊池さん 凄い共演者。 何年か前では考えられなかった。
頑張ります! 応援よろしくお願いします。

読みやすくしました

感じたこと、日常
09 /30 2017
快適に読んでいただきたいので広告が表示されないプランに加入しました。 たいした負担ではありません。広告というものは不快なもので間違ってタップしてしまったりすることもありますね。 上からひょーんと落ちてくる広告は、まるで縄跳びでもしていて引っかからないようにしているようですね。また広告というのは重たく読みこみに時間がかかるのも特徴です。

ダブルトップギターの普及

楽器
09 /28 2017
今から10年以上前と今ではギターの世界(日本の)もだいぶ変わってきた。
僕が初めてダブルトップギターを知ったのは中峰先生に弟子入りした2004年のことだ。
日本ではまだ使っている人が限られていてダブルトップトップギターといっても何のことだか説明しないとわからないケースも多かった。私は2005年早々にダブルトップギターに持ち替えた。
知っている限り、この10年ぐらいでダブルトップギターはいっきに普及した。
DT(ダブルトップの略語)だったり、杉と杉ないし松と松……のサンドウィッチ
それにコアがNOMEXだとか、WOODだとか 話を当たり前のように聞くようにもなった。
それはSNSやネット動画の普及も影響しているかもしれない。

新しいものというものは最初は否定されがちだ。
しかし時がたつと変わる。今 新しいことに取り組んでいる人が批判にさらされたりしても、結局はいいものであれば普及していくことになるというものなのだ。

リハ

楽器
09 /26 2017
日曜は10/6 演奏会のリハーサルでした。
中峰先生は新作8弦Guo Yulong、菊池さんはMatthias Dammann、そして僕は8弦Fritz Muellerという組み合わせでした。 新作8弦Guo Yulongは予想を超える楽器でした。 良いものは良いということです。 入魂の作品と言えます。
正直なことを言うと、今まであまり肯定的な印象は持っていなかった。しかし素晴らしいものは素晴らしいということなのです。僕の好きな中峰トーンが炸裂していました。
諸事情がありバタバタとしていますが、なんとか演奏会を乗り切りたいと思います。

ステージ衣装

感じたこと、日常
09 /20 2017
お久しぶりです。
10/6の北とぴあ つつじホールでの中峰秀雄師匠、菊池翔天さんとのコンサートが近くなってきました。今日は時間を作っていつも衣装でお世話になっている上野屋さんに行ってきました。
本番衣装は上着は師匠の奥様がブラジルから買ってきてくださった黒の上着でバッチリきめます。めちゃくちゃかっこいいです。インナーは白、ズボンは上野屋さんで黒系のものを買いました。店主の方が親切に対応してくださり、またコンサートの宣伝までしてくださるとのことで嬉しかった。
ブラジルの衣装、いいですねー、カッコいいですね!と言ってくださいました。
ステージ衣装は本番のお楽しみに。
僕は練習一生懸命頑張ります。

大手文明

 

クラシックギタリスト
 大手文明のブログ